人事研修を代行で行う場合の留意点

人事研修というものは人事考課などを行う場合に、人事考課をどの様に進めていくのが良いのかを見極めるために行われるもので、正当に且つ公平に行うためには人事研修の代行サービスなどを利用することが鉄則であると思われます。しかし、人事考課を行う人は社員一人一人であり、この考課をする人はその上の上司などであるため、企業の中のことがわからないと人事考課の策定などが出来ない場合もあります。そのため人事研修を代行で行う場合にはいくつかの留意点があると思われます。

人事考課には、いくつかの要件定義が必要になります。その要件定義を作成する場合は、企業がどのような業界であるのかや、それぞれの仕事の役割分担であるとか、個人個人が持つ能力がどのようなものであるのかなどを明確にした上でなければ作成する事が出来ません。また、人事考課には目標設定というものがあり、その目的が実際の業務とどのように結びつくのかなどを理解できないと考課票自体を作る事が出来ないわけです。このようなことからも、人事研修を代行で行う場合は事前に調査を行う必要があるわけです。

人事研修を代行で行う場合、まず企業がどのような業界であるのかを知る必要があります。そして経営理念や人事制度の仕組みなどを理解し、その上で社風などを知り、そして社員の特徴を理解した上で進めていくものであります。また、人事研修を進める上で重要である事は、最初に人事考課を行う人を最初にするのか、または人事考課をされる人を先にするかではないでしょうか。考課表が既に決定している場合であればまだしも、人事研修は考課表を策定する事から始まるためです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 人事研修を代行で行う場合の留意点
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

人事研修を代行してくれる会社があるのはご存知でしょうか

最近ではまともにビジネスマナーもわからないような新入社員も増えてきました。大きな企業でしたら人材を選べるのでしょうが、うちのような小さい会社にとって新卒は大変貴重。なので、毎年新入社員が入ってくると中堅の社員は大慌てですね。それが交流のきっかけになればとも思うのですが、やはり中堅社員にとってはかなりの負担になっていることでしょう。そこで、去年からは人事研修を代行してくれる会社に委任するようになりました。

人事研修にはそれなりの準備も時間も必要になってきます。かといって避けられない物。なので毎年手を焼いていたのですが、去年は違いました。毎年人事研修を終えても、やはり仕事をしながらですので身についていないんですよね。それが見事なまでに教育されて帰ってきたんです。常識的なビジネスマナーはみんな勉強してきてくれますが、実践となると話は別。でも、実践でもそつなくスムーズにこなす事が出来ていて、感激しましたね。

わが社のように小さな会社では人事研修に手を焼いているところも多いでしょう。そんな経営者の方にはこのように代行業者をおすすめしますよ。やはり教育のプロですので、全然違いますし、時間もコストも、教育する立場の社員のモチベーションも無駄にはなりません。これからは、このように外部に代行する会社が増えてくるのでしゃないでしょうか。そう確信する程、今回は手ごたえがありました。また来年もどう成長するのかが楽しみですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 人事研修を代行してくれる会社があるのはご存知でしょうか
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

人事研修の打ち上げのあとに、上司が手配してくれた代行に感謝したこと

配属された部署で、仕事にも人にも慣れずに、私は毎日、疲れていた。仕事は何とかこなすことができていたが、人間関係には本当に疲れていた。苦手な人がいるわけではなく、まだ自分を出して話せる相手がいないため、いつも緊張していた。そんな矢先、上司から人事研修を行うための資料を作成して欲しいと頼まれた。資料を作成することや、裏方のような仕事は大好きな私。笑顔で仕事を引き受けた。この資料を作成している間は、集中して頭が1人になれる気がした。

人事研修の資料の作成が終わり、上司に確認をしてもらうと、教える

方も、教わる方も両方にとっていい資料だと、褒められた。小さい子供は誉められて伸びると言うが、大人だって誉められると成長するものだ。私は嬉しくなり、もっと仕事を頑張っていこうと思えた。この部署に、まだ慣れずにいて、心も体も疲れていたが、その疲れも飛んでいくような気持ちだった。もしかしたら上司は、そんな私に気付いていて、わざと私に、この仕事を依頼してくれたのだろうか。だとしたら、部下を本当に見てくれている人だと思った。

人事研修の資料を作成したこともあり、人事研修の補佐役として、上司に付き添うことになった。2週間の人事研修が無事に終わり、社員で飲みに行くことになった。車で来たため、お酒を飲む予定ではなかったが、代行で帰れば問題ないと上司から言われ、私は久しぶりにお酒を飲んだ。車で来たときは一切お酒を飲まない私は、代行を今まで利用したことがない。この部署にきて、新しい経験をすることが多いなと、お酒に酔ってきた頭でぼんやり考えた。代行は上司が手配してくれ、お金まで出してもらった。張り詰めて仕事をしていた私を、気に掛けてくださった上司の優しさが嬉しかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 人事研修の打ち上げのあとに、上司が手配してくれた代行に感謝したこと
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

人事研修を代行で行う一番の理由は

人事研修を行う場合、その会社の人事の制度がどのようになっているのかを理解した上で行わなくてはなりません。そのため、人事研修を代行する場合も企業毎に人事制度が異なるのでマニュアルなどを作成し、調べたりする時間がなるべく少なくなるようにしておく必要があります。特に人事研修で必要なことは、今現在ある問題点についてではないでしょうか。これは企業毎に色々な問題点を抱えており、その問題点についての対策などをどのような手法で行うのかを整備する必要があります。

人事研修は社内における一般的な研修ではあ

りますが、新入社員として入社してきた人に対して行われるものです。ですが、この研修の本来の目的は、新入社員として入社してきた人だけではなく、既存の社員全員についても定期的に行う事が望ましい物だと思うのです。その理由としては、社員一人一人の能力やスキルアップなどを上げるという意味も含め、企業の経営理念などについての再認識などを行うことにあるからです。また、これらの人事研修を代行で行う理由はどのようなことにあるのでしょうか。

人事研修を代行で行う理由やメリットは、外から見たその企業の問題点などを明確にすることにより、社風や風土などの良い点や悪い点を率直に言えるからではないでしょうか。悪い部分は問題点として解決する必要がありますし、良い部分はそれをもっと伸ばしていく努力をすれば良いことになります。また、良い部分をどのように延ばすかと言う方法についても代行で行う方がより明確に見えると思うからです。そして一番重要なことは代行で行う事により公平に行える事だと考えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 人事研修を代行で行う一番の理由は
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

人事研修の一部を代行する専門家

企業の人事研修には新入社員研修だけではなく、部課長等の役職者を対象とした研修もあります。又特定の部署(販売や営業職種)に対しては新商品が出るごとに接客の研修が行われる事があります。企業によるかもしれませんが、人事部の中に企画研修課があると、販売研修も含めて全て人事研修の扱いになりますので、個人的な経験からそれら人事研修で代行の講師を依頼するケースについて記述をします。代行を依頼するのは企業内では最新の知識を有する者がいない場合が多いです。


人事研修の中で、新入社員研修

のプログラムに代行講師を依頼するのは、システムの運用において、ホストサーバーが外部企業の管理下にある場合、実際の端末の仕組みを含め、使い方の研修をその企業の担当係に依頼する以外に、会社独自のマナー研修(おじぎや挨拶、名刺の扱い等)ではなく「マナーとは」のような人間性や企業の結束力を高める目的でレクチャーをセッティングする場合があります。そのような場合には権威のある人物で会社と関係が深い方にお願いをすることが多いようです。


人事研修の代行を依頼される方は、そうしたオファーに慣れている、というか経験がある場合が多いので、依頼をしてその目的をお伝えすれば、ほぼ問題なく滞りなく行われます。部課長研修において代行を依頼する場合にも、人に関わる分野の研修は、権威のある方にお願いをする事が多いのではないでしょうか。システムに関する研修でも新人研修と役職者研修で抗議をする担当者が異なるのは当然です。販売や営業の研修は新商品研修や外勤社員の動機づけ目的の場合が多いので、社内の人材を活用する事が多いそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 人事研修の一部を代行する専門家
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]